国際教育教材体験フェアin滋賀に参加しました


TIE会員外部研修補助制度を利用して、2月19日(土)に開催された滋賀県国際協会主催の「国際教育教材体験フェアin滋賀」に参加してきました(JICA大阪国際センター共催)。

まずは「ブラジルボックス」のワークショップに参加しました。この箱の中には、ブラジルに関する写真や小物がたくさん詰まっています。クイズ形式で進めることによって、五感を使ってブラジルを知ることが出来ます。

さて、次の写真は私のグループに配られた小物ですが、いったい何に使うかわかりますか?

brazil

正解はこちら。

b.03

①はアメを包むための紙です。ブラジルでは子どもからお年寄りまで、誕生日を盛大に祝うのだそうです。

②はシマホンと呼ばれる茶器で、マテ茶を飲むのに使います。

③はピラルクという魚のうろこです。爪を研いだり、アクセサリーとして使ったりします。

この他に、JICA大阪国際協力推進員によるコゲロ村のワークショップやJICA教師海外研修参加者による公開模擬授業、非識字体験ワークショップ「ここは、何色?」の分科会が行われました。どの分科会もすぐに学校の授業に取り入れられるような内容でした。

一方的に講義を聴くだけではなく、体を動かしたり皆で意見交換したり自ら考えることによって、より効果的な学びにつながります。ぜひ皆さんも参加体験型の授業を実践してみてはいかがでしょうか。

今回使用した教材について詳しく知りたい方は、JICA大阪と滋賀県国際協会までお問合せください。

■滋賀県国際協会

http://www.s-i-a.or.jp/index.htm

■JICA大阪

http://www.jica.go.jp/osaka/

北陸3県開発教育担い手セミナーのご案内

北陸3県開発教育担い手セミナーのご案内です。
-
北陸3県の国際理解教育・開発教育に携わるメンバーが
毎年集まって北陸3県開発教育担い手会議を開催しているのですが、
今年は金沢で開催して、長年開発途上国の現場で活躍されてきた
中田豊一さんをファシリテーターに迎えてワークショップを実施します。
今回の講師の中田豊一さんは、シャプラニールやJICA、
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンなどに関わっておられ、
途上国の開発援助の現場の経験が豊かな人です。
途上国の人から本音を引き出すファシリテーションの思い・技術を
聴くことが出来ると思います。
開発教育、国際理解教育に興味のある方、ぜひご参加ください。
-
■2010年度北陸三県開発教育担い手会議
日程:2011年2月26日(土)14:00~18:00 *その後懇親会を予定しています。
2月27日(日)9:00~13:00
会場:リファーレ 石川県国際交流センター 4階大研修室
(希望者はホテルひので屋にて宿泊)
講師:中田豊一
「(テーマ)援助する人・される人の関係を越えて~途上国援助の現場から~」
対象者:開発教育に関わっていきたいと思っている人
定員:30人
主催:いしかわ地球市民の会
後援:JICA北陸支部
参加費:1,000円
申し込み:2月15日までに、いしかわ地球市民の会 今井までご連絡下さい。
(ただし、定員に達し次第受付を終了します)
E-mail:k2.imai@nifty.com /携帯番号:090-7080-6067
※宿泊・懇親会希望者は併せてご連絡ください。
以上よろしくお願いします。