ファシリテーター入門講座&地球の食卓ワークショップ

3月20日~21日にTIE主催でファシリテーター入門講座を開催しました。

今回のテーマは「質問力」。質問力を鍛えるための研修や、アクティビティたっぷり体験などを行いました。
参加者は11名と少なかったものの、その分内容の濃い研修会になったと思います。
今回特に印象に残ったことは「哲学的思考」とでも言えば良いでしょうか。
開発教育では途上国で起こっている問題を取り上げて、まず問題ありきでワークショップを組み立てたりしますが、ここで問題と言われていることはそもそも本当に問題なのかどうか一度考えてみるという思考です。
例えば現在の日本の食料自給率は41%です。農水省を始めとして、もっと食料自給率を上げなければいけないと盛んに叫ばれていますが、現代のように日本が輸入に頼ることになったのはそれなりに理由がある訳で、そこにはデメリットばかりではなくメリットもあります。ワークショップをする際にも、そういう事情をふまえて、参加者がただ単に情報を鵜呑みにするのではなく、自分なりに考えて自分なりの答えを導き出せるように促すことが必要だということを聞いて、すごく腑に落ちました。
kamijyo
3月22日には土遊野の加藤さん宅に立教大学の上條さんが遊びに来られましたが、上條さんが制作中のワークショップを披露してもらえることになり、何だか昨日の研修の続きのような感じになって、熱い議論が交わされました。
ということで、たっぷり研修漬けの3日間になりました。
参加された皆さんお疲れさまでした。

About TAKENAKA

Comments are closed.