国際森林年 アースデイ・フォーラム・ワークショップ参加者募集中

ワークショップの参加者募集中です♪

興味のある方はぜひご参加ください。

*****

国際森林年 アースデイ・フォーラム・ワークショップ

「ロールプレイしながら考えよう~森が激減したフィリピンが抱える問題と私たち~」

国際森林年の今年、様々な切り口で森林を見直す作業が行われています。

本ワークショップでは、熱帯林を輸出し続け、森が激減してしまったフィリピンの事例をもとに、

ロールプレイを通して伐採地の状況を理解し、私たちとのつながりを考えます。

環境問題や国際問題に関心のある方はもちろん、ない方も!

ロールプレイでの体験を通して、気づきや学びを深めませんか?

【日時】2011年8月11日(木)13:00~15:30 (12:45受付開始)

【会場】 富山大学五福キャンパス黒田講堂1階会議室 (正門右横)

【内容】JICA北陸よりインフォメーション、ワークショップ

【ファシリテーター】 とやま国際理解教育研究会 三宅可倫さん

1994年~98年、国際協力NGOセンター(JANIC)に勤務。

国内外のNGOに関する情報提供や広報誌編集の仕事を経て、

1998年~2000年までフィリピンに事務局を置くアジア農地改革・農村開発NGO連合のインターンとして活動。

現地で森林伐採問題に関わり、ビデオ・ドキュメンタリー「We Need The Forest」を制作。

帰国後は、違法伐採に関する政策提言や森林問題に関するワークショップを実施。富山市在住。

【定員】30名 (先着順)

【主催】富山大学グローバル・コミュニケーション・ネットワーク (i.n.g.)、アースデイとやま実行委員会

【問い合わせ・申し込み】富山大学i.n.g.佐々木まで hideyasu_sasaki_492@yahoo.co.jp

昨年、富山県立総合衛生学院で行われたワークショップのようす

昨年、富山県立総合衛生学院で行われたワークショップのようす

About TAKENAKA

Comments are closed.